神職養成講習会

神職養成階位検定講習会

 

神職になるには、神道系の大学を出て神社に奉職するか、社家(しゃけ、神職の家系)出身者が神道系大学で学び階位を取得し自社に奉職するか、社家にとつぎ(婿入り、嫁入り)階位を得て奉職する方法があるようです。最後の階位を得る方法が社家ではない一般人が神職になる近道のようです。

神職になる方法はいくつかありますが、ほぼ年齢制限もなく資格を取得するは検定試験に合格する。または、階位検定講習会を受け階位を取得する方法です。もちろん奉職先が決まっていないと受講資格はありません。

今回、氏神様の宮司さんに相談して、神職養成階位検定講習会開講している各県神社庁主催の講習会を受講し氏神神社氏神宮司さんの兼務先神社に奉職(資格を得てお手伝いをするという形になります)することにしていただくことになりました。氏神宮司さんの確約書(奉職させます)と当県神社庁神社庁長さんと支部長さんの推薦書が必要ですが、いずれも氏神神社宮司さんが引き受けてくれます。初めは神社関係の新聞の切り抜きを見せてくれて年齢的にと・・・解決しました。

ということで講習会を開催している各県神社庁を探してみたものの、これがまたなかなか困難があります。H県神社庁はメールでの問い合わせが可能でしたが、残念ながらコロナの関係で開催年が1年づつずれたので本年は権正階になりますとのこと。少し遠いけど合宿制のY県神社庁主催の講習会は良いなと思ってましたので、ここもメール対応していましたので問い合わせしました。いついつ会議があるのでその日以降にもう一度連絡して欲しいとのことでした。受講人数を少し減らして開催日時を少し遅らせて開催するよとのことで良かったなと思ったのも束の間・・・今回は合宿制を取らないとんこと。少し悩みます。悩み中です。S県は身体的条件があり初めからダメだなと思いつつ、とりあえず問い合わせをしてみました。手紙を送り電話で返信がありました。一応、国学院大学の教授、神社本庁の担当者によるとそれは必須ではないとのことなので申込したく問い合わせをしました。まあ、受講可能か検討中らしいですが、今の状況では他県民の受講受付はないかも知れないしとのことも言われるし。やっぱりK府神社庁主催の講習会か?と思ってたら帰宅したら要綱その他が届いていました。

さて、いずこもこの状況なので中止もあり得るというのが少々鬱ではありますね。

f:id:kohzaki-ason:20210421184623j:plain

社家ではない方が神職になり、その方法を公開して下さった先人のみなさまに感謝します。